トップへ戻る
ホーム > 新着情報 > 2019/12

今宵は『あったかクリスマス会』です

カテゴリ:婚活ブログ

早いもので12月も半分が過ぎようとしてますが、この時期にしてはあったかい日が続いてるので尚のこと実感がありません。

そんな中、先週はSENDAI光のページェントが始まるなど年の瀬は着々と進んでいきます。

続きを読む

忘年会スルーが増えてるそうです

カテゴリ:スタッフブログ

近頃の若い人たちは職場の忘年会に出席したくない「忘年会スルー」が増えてるとラジオで聞きました。

飲み会の席にまで仕事の話を持ち込んだり上司のお説教を聞きたくない。女性の場合はお酒を注いで回るのも面倒なようです。

会費が自己負担なら何も職場の人とでなく好きな人たちと気を使わずに楽しく飲みたいと思う気持ちもわからなくはありません。

続きを読む

貧しいと不幸は同じではない

カテゴリ:スタッフブログ

朝ドラ『スカーレット』で、ヒロイン 喜美子が八郎との結婚を許してもらうために父親 常治に挨拶に行きますが、

何度も門前払いだったのがやっと上げてもらうことができました。

 

常治は、自分が結婚する時に駆け落ち同然で飛び出してきたので、妻を幸せにしたいと思っても苦労ばかりかけてきたことを話します。そして・・・

続きを読む

温かいのに喜んでばかりもいられません

カテゴリ:スタッフブログ

今日は全国的にあったかいみたいで仙台も14度くらいでした。

このまま暖冬で終わってくれたらいいと思いながら喜んでばかりはいられないと思いました。

続きを読む

しんせつな友だちのおはなし

カテゴリ:スタッフブログ

雪が降り積もり食べ物がなくなった子ウサギが食べ物を探しに出かけてカブを2つ見つけました。

1つは自分で食べて1つはロバの家に持って行きますが、留守だったので置いて帰りました。

 

食べ物を探しに出ていたロバが家に戻ってカブを見つけます。カブがどこから来たのかどうしようか考えてヤギに届けることにしました。

続きを読む

少子化に少しだけ歯止めを掛けてます

カテゴリ:スタッフブログ

午前中は出産祝いに行ってきました。新しい命の誕生は嬉しいですね!

始めての子育てはいろんなことがあって大変だとは思いますがその一つひとつが新しい発見と経験になります。

 

その時は無我夢中でも終わってみるとあっという間です。子供の成長を見守りながらいっしょに楽しむことだと思います。

人口減少ばかりがクローズアップされますがご成婚カップルには出産の喜びがあります。少子化に少しでも歯止めを掛けてる方がいます。

続きを読む

令和最初の光の祭典が幕を開けました

カテゴリ:スタッフブログ

SENDAI 光のページェントが昨日6日午後5時半に点灯式が行われました。

青葉区の定禅寺通で、160本のケヤキに約60万個の電球が輝く回廊に変わると一斉に歓声が上がったとのことです。

 

ラジオでその模様を聞いてましたがその気持ちよく分ります。昔はその瞬間を何度も見て、目の前だけでなく心までもパッと明るくなったことを覚えてます。

(写真は以前のものです)

続きを読む

歩道はイチョウの葉で真っ黄色です

カテゴリ:スタッフブログ

イチョウの落ち葉が敷き詰められて歩道はキレイです。

ただ、イチョウは油分を含んでるのでスリップしやすいので歩行も特に運転は注意が必要です。

 

12月初旬ですが例年よりも遅いように思いますがこんな所にも温暖化と関係があるのでしょうか?

今年地球上で一番温暖化の影響を受けたのが日本だと聞きました。たしかに自然災害が日本各地で繰り返し発生しました。

続きを読む

結婚は最大の親孝行です

カテゴリ:スタッフブログ

息子さんの件でお母様からのお問い合わせがあってご自宅までお伺いしてきました。

3人子供さんがいますが1人は結婚して孫もいるのに後の二人は結婚する気がないようだと心配されてました。

 

お聞きすると皆さん優秀で大学を出て世界中を回ってたり、公務員でずいぶん上の方にいらっしゃるようです。

結婚に興味がないわけではなくお忙しい中で考える余裕がなく気が付いたらいいお年になっていたということだと思います。

続きを読む

ものは使い方次第で良くも悪くもなります

カテゴリ:スタッフブログ

SNSで知り合った見ず知らずの人と会って誘拐される事件が何件か続いて発覚しました。これは氷山の一角でもっと沢山あるような気がします。

スマフォやSNSが悪者にされがちですが、スマフォやSNSは道具ですからその使い方と危険かどうかの判断する力を養うことだと思います。悪い使い方をする輩がいるのが問題です。安全に使えばこんなに便利な道具はなくこれからますます進化していくものと思います。

 

火事になるから火を使わないとか事故が起きるから車に乗らないということにはなりません。火を使う危険性を知った上で、車は教習を受けて免許を取得して法規を守って乗れば事故は減らせると思います。

原発は、一旦事故が起きてしまうとあまりにも甚大で処理方法が完全に確立できてない今の時点では難しいような気もします。

続きを読む